いのちを見つめる集い

お寺の本堂を会場に、毎回いろいろな分野の方を講師にお招きして、お話を聞いてから休憩(ティータイム)をはさみ、参加者・講師・僧侶による語りの場を提供しています。

時間は講演と語り合いを含めて 午後1時30分〜4時頃 を予定しています。

どうぞご自由に参加ください。(予約の必要なし/直接会場へお越しください)



案内パンフレット(表)

案内パンフレット(裏)

いのち


会場 大龍寺(だいりゅうじ)  
東京都新宿区原町2丁目62番地

お問い合わせは、センター事務局
03-3813-6577 へお願いします

 

■東京メトロ東西線「早稲田駅」A番出口より「夏目坂通り」を道なりに登る(徒歩約7分)
■都営地下鉄大江戸線「若松河田駅」若松口より左方「大久保通り」へ向かい「若松町交差点」から「夏目坂通り」を下る(徒歩約7分)


会費 1000円
(当センター会員の方は無料)

どなたでも参加歓迎します。
予約の必要はありません。
当日直接会場にお越しください。
「いのちを見つめる集い」にご参加の折には、不測の事態に備えて連絡先の判るものを携帯して下さいますようお願い致します。

 

平成31年2月28日(木曜日)

講師:麻生保子 氏 (つくば国際大学医療保健学部看護学科教授)

テーマ:「片づけと健康〜大切な毎日の暮らしのために

床に物が散らばった部屋は、高齢者の転倒や子供の誤飲事故につながり、天井まで積みあがった荷物は、災害時には命取りともなり得ます。「何を残し何を捨てるのか」誰もが悩む事ではありますが、「部屋と片付け」について一緒に考える機会になればと思います。

平成31年3月28日(木曜日)

講師:星野哲 氏
(立教大学社会デザイン研究所研究員)

テーマ:居場所としての寺」

貧困問題や高齢者支援など、社会課題に向き合う寺が増えている。コンビニより数の多い寺が変われば、社会は変わる。寺は地域の大切な「居場所」になりうる。多くの寺を取材してきた経験をもとに、寺の変化を紹介すると同時に、そんな寺に出会うためのヒントをお伝えしたい。

 

平成31年4月25日(木曜日)

講師:長谷川岱潤 師(浄土宗戒法寺/住職)

テーマ:「六道輪廻は仏教か」

私が相談員になって33年になります。今では会の責任ある立場ですが、相談電話はいまだに緊張して受けています。この30年間、相談電話に育てていただいた感じです。そんな思いから今一番疑問に思っている「六道輪廻」についてお話したいと思います。

 

2019年5月23日(木曜日)

講師:中里貴子(朗読家/元群馬テレビアナウンサー)

テーマ:「朗読・お釈迦さまのご生涯

お釈迦さまのご生涯をご存知ですか?実はあまり知らなかったという方が多いかも知れません。ご誕生から出家、厳しい修行の末悟りを開かれて仏教を広めるまで、そのご生涯を朗読でわかりやすくお伝えします。

 


2019年開催日

2月28日
3月28日
4月25日
5月23日
 
年8回開催予定。第2または第4木曜日開催ですが、月により前後することがあります

これまでの記録はこちら


宗派を超えた仏教の精神のもと、出会いを喜び、ふれあいを楽しみ、おたがいに手を差しのべあう。
人の一生で出会う さまざまなことについて語り合い、かけがえのない「いのち」を見つめ直しましょう。

 

このページのトップへ