理事長挨拶


長谷川 岱潤
(はせがわ たいじゅん)

 

仏教情報センターは仏教の教えを現代の社会に活かし、より多くの人たちに仏教を身近に感じていただくことを目的に、1983年伝統仏教9宗派の有志僧侶によって設立されて以来、30年を超える歴史を有しています。

活動の中心は、当初よりずっと電話による相談受付で、当初2台であった電話も3台に増え、ボランティアの僧侶は、20人足らずであったものが、150人になろうとする会に発展しております。


相談内容も,当初お布施の金額など、具体的な仏事内容であったものが、人生相談等の中身の深い相談も増えてきております。

これも私たちが、電話相談をただの相談としてではなく、仏教の教えを伝える場として位置づけ、一期一会の説法の場として誠意を持って対している賜と考えています。

現代の状勢は益々需要が増えているように感じております。これからもお答えで来ますよう、相談員一同努力して参ります。




 


このページのトップへ